こちらでは、主なKUSANAGI導入事例をご覧いただけます。

KUSANAGI導入事例一覧

24時間365日の保守で安心して運用
「HOUYHNHNM(フイナム)」

一度離れたユーザーを取り戻す難しさ、メディアサイトにおける速度の重要性

株式会社ライノ Webディレクター
菅原 雅也様

当時静的CMSを使用してメディア運営をしていました。全面リニューアルを実施するにあたり、2016年の5月に動的CMSのWordPressへ移行しました。WordPressへ移行後、管理画面含めサイト表示速度が重く、不安定になってしまい、表示完了までおおよそ5~6秒かかるようになってしまいました。
元々委託していたサーバ管理会社がWordPressを専門としていなかったため、表示速度、安定稼働がなかなか改善されないまま2ヶ月ほど過ぎ、PV数は約半分程度まで落ちてしまいました。
そんな折、プライム・ストラテジーさんの存在を知り「KUSANAGI公式サポートサービス」を導入することにしました。導入後すぐに表示速度の改善、安定稼働が実現し、今ではストレスなくサイト運営ができるようになっています。ですが一度離れたユーザーにふたたび戻ってきていただくのは簡単なことではありません。様々な改善、施策などを打っていき、少しずつでも信頼面、数字面の双方で回復を図っていきたいです。

10倍速くなった管理画面のおかげで運用負荷が大幅に軽減されました

「フイナム」は15年以上運営している主にメンズファッションを中心とした情報を発信する老舗のWebメディアです。記事は毎日更新していて、1週間で40~50本取り扱うこともあります。CMSでWordPressを選定した理由は主に2点です。
1点目は更新される記事本数が多く、そのほとんどを編集スタッフがおこなうため、再構築をすることなくスピーディーに作業が行えるのは大きなメリットでした。
2点目は、日々の改善、機能追加などの開発にあたり、社内だけでなく外部の方とも協業して進めているんですが、WordPressを得意とする開発者が多いことやちょっとしたことであればプラグインを利用してのカスタマイズが比較的容易であることなども採用にあたっての決め手となっています。

「KUSANAGI」を導入したことで4G環境でも快適に閲覧できています

「フイナム」は、メンズのカジュアルファッションを中心にしており、25~44歳の男性がメインターゲットとなっています。スマートフォンからの閲覧率は年々増加傾向にあり、利用シーンとしては自宅でじっくりというよりも移動中などの空き時間に見ていただいていることが多いため、低速回線であっても安定して表示がされる「KUSANAGI」は高く評価しています。

導入後の変化( 導入前を100とした場合)

24時間365日保守で安心して運用できます

プライム・ストラテジーの保守に関しては、レスポンスが極めて速いことに加え、24時間365日、夜間や休日などに何らかの問題が発生した場合にも対応いただけるのは、メディア運営において安心できているところです。サポートにあたっては常に正確、的確に対応いただいており、コミュニケーションのロスがなくとても良いパートナーに出会えたとおもっています。
サイトの表示速度はあらためて言うまでもなくユーザー体験に直結してくる極めて重要なポイントです。「KUSANAGI」の導入によってあきらかに表示速度が向上しました。「KUSANAGI」自体は無料で利用可能なので、WordPressを利用しているのであればまずは試して、導入検討されることをおすすめします。

リテラシーが低いメンバーでも簡単に操作ができるようになりました
「東京工科大学 学内者専用サイト」

リテラシーを問わず誰でも簡単に操作ができるようになりました

東京工科大学八王子キャンパス 事務局 業務課
大竹 新治様

今回、「WordPress」、「KUSANAGI」、「Microsoft Azure」の組み合わせで構築していただいたWebサイトは「学内者専用サイト」というサイトで、教職員から学生への情報発信をするためのイントラサイトです。教室変更、休講情報、アルバイト情報、落とし物など、一般的な学生への「お知らせ」や、各学部向けのコンテンツを配信しております。
今回のWebサイトは大きなスクリプトを作ることもせず、標準的なコンテンツの更新・画像を表示するくらいの作業になりますが、少し操作方法を説明しただけですぐに実務に利用できました。今思えば以前使用していた商用CMSは難しい操作が多く、辟易していました。それに較べて、WordPressは操作が本当に簡単だと思いました。現在、運用に関わっている20名くらいのスタッフはMicrosoft Officeが触れる程度のITリテラシーですが、誰でも簡単に更新作業ができました。

高速化とセキュリティの強化を期待して「KUSANAGI」を採用

東京工科大学 八王子キャンパス​事務局 業務課
松本 憲太郎 様

以前使用していた有償のCMSはもともと、他のサイトをリニューアルする際に一緒に構築していただいたプロ仕様のCMSでした。プロフェッショナルな人材がSEOを考慮しながらWebページを作り上げていくCMSなので、今回のWebサイトのような「お知らせ」を発信するような作業には不向きで、「お知らせを出すだけなのに何でこんなに大変なんだ」と思っていました。また、スマートフォンデバイスへの対応もまだできていませんでした。
これらを一掃する目的で、「WordPress」、「高速化」、「セキュリティ強化」、「レスポンシブデザイン」の全てに対応している「KUSANAGI」を採用しました。「Microsoft Azure」については、以前より全学生の情報を管理する「学生カルテ」で使用している実績もありセキュリティについては高い信用もあったので、今回も採用いたしました。

「KUSANAGI for Microsoft Azure」は二回目の採用、進めやすかったです

本学の場合、他大学とは違い運用体制が、「総務」と「経理」など複数部門に分かれておらず、事務局業務課が主導し、他部署と連携した協力体制が確立していたため、クラウド化を実現しやすかったのだと思います。また本学は最先端のものを取り入れて環境を良くしていく文化があるため、クラウド化を進めやすかったということもあります。
さらに今回導入した「Microsoft Azure」は、他のサイトや他のシステムでも既に導入済みのクラウドであり、「KUSANAGI for Microsoft Azure」も今回で二回目の採用なので既存システムと親和性が高かったのもあります。「Microsoft Azure」については、セキュリティ面でも安心できるクラウドだと考えています。

Nginxの制限により三重ロックにすることが可能に

「KUSANAGI」の効果は他にもあります。例えばNginxの制限により、WordPressのログインも含めて三重ロックにすることが可能になりました。また見た目のみならず内容的・機能的にもすっきりとした見やすいサイトになったと思います。
WordPressはITリテラシーがあまり高くないチームでも運営ができるCMSです。ただ、WordPressは簡単に運営ができる便利なCMSですが、つい先日、大きな脆弱性が見つかりました。しかし、このような時こそ、経験値と技術力が高いプライム・ストラテジーに運用を委託していれば安心です。

様々な要因が重なりシステムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした
「 美レンジャー」

制作会社の変更など様々な要因が重なり
システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。
制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

「美レンジャー」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

美レンジャーは美しさを磨きたい女性のためのターゲットエンゲージメント・メディア。美容のプロのライターたちが実用的な美容方法、使えるコスメのトレンド情報などを、ユーザーと同じ目線で発信していきます。キャッチフレーズは「美人が「キレイ」で世界を救う!」です。
「美レンジャー」のサイトを立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」の「美レンジャー」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました。

何か問題があった時もプライム・ストラテジーに電話すればすぐに回答

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI」サポートサービスを採用したのは高速化だけを期待したのではないです。「KUSANAGI」を導入してパフォーマンスは改善し、今まで管理画面でプレビュー画面を見るのに数秒かかっていたものがサクサク動くようになりました。そして運用コストも50%削減できました。また、何か問題があった時もプライム・ストラテジーに電話すればすぐに回答いただけます。様々な問題が起きてもすぐに目処が立つようになりました。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーは他社にも推薦できます。

「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーの保守は他にも推薦できます

「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、速くなることで使いやすくなった印象があります。またプラグインが90個から60個に整理されたこともよかったです。
WordPressはもともとチューニングしないと高負荷がかかった時に止まりやすいです。「KUSANAGI」を導入すると、まずそういうリスクがなくなります。WordPressをメディアで活用する場合、WordPress精通したプライム・ストラテジーに委託し、「KUSANAGI」を採用すると、Webサイトに対する信頼が上がり、運営にも安心できます。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーの保守は他にも推薦できます。

導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました「GetNavi web」

導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました

株式会社学研プラス GetNavi web編集長
山田 佑樹様

Webサイトのパフォーマンスが悪いせいで、潜在ユーザを逃してきたように思えます。表示速度を改善するべく制作会社に打診していたのですが、良い回答を得られないまま、2017年を迎えました。そのような時に、学研プロダクツサポートのメンバーから紹介してもらったのが「KUSANAGI」でした。
いろいろ調べていくと、プライム・ストラテジーがWordPress業界最強のノウハウを持っていることが分かり、もう「KUSANAGI」を導入するしかないと感じました。そこで、2 017年2月に検討を開始し、3月に発注し、4月3日に切り替え、「KUSANAGI」での新サイトをローンチさせました。導入してすぐに高速化され、表示スピードは1/10に短縮。管理画面を操作する編集部員からはコンテンツ更新のストレスがなくなりました。

表示が遅くなり、その場しのぎで対応してきました

2016年3月にGetNavi webをリニューアルしました。リニューアル前は雑誌のおまけ的なサイトで月間20万PV~30万PVくらいの閲覧数。リニューアル後はあっという間に500万PVを超えるようになりましたが、それにともない表示速度が遅くなっていきました。1ぺージの表示に10秒かかるようなことも度々あり、ひどい時はもっとかかっていたように思えます。当時はプラグインを入れたり、CDNを入れたり、サーバーを増強したり、その場しのぎで対応してきました。

プライム・ストラテジーは警察官のような印象、とても頼りになります

対応のスピードが速い印象です。また対応も手慣れています。発注前にすでに問題点を把握、解決方法も提示してもらい、とても納得できました。導入する前から効果が実感できるくらいの安心感がありました。移行当日は、メールでの対応を頂きましたが、スピーディーな対応でしたし、不明な点もすぐに解決していただきました。プライム・ストラテジーは警察官のような印象でもあります。「普段はあまり気にかけないけれど、何かあると助けてくれるーー。」とても頼れる存在です。

目標は現状の約2倍、「KUSANAGI」に期待しています

GetNavi webは現状の約2倍に当たる1500万PVを目標にしています。目標達成のための重要な基盤として「KUSANAGI」に期待しています。当サイトは趣味性が高い記事が多いので、回遊が多い性質のサイトになります。ただ、コンテンツを考えるともっと回遊してもよいと思っています。回遊性を上げるために、コンテンツ力の向上はもちろん、表示速度をもっと上げて、快適な閲覧ができるようにしたいです。

Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりました

メディア業界を見てみると、紙媒体を持っていてもWeb媒体がまだまだなメディアが多いです。そのようなメディアもちゃんとやればPVが伸びるはずです。そしてPVがのびる段階で、必ずシステム周りで自身では対応できない壁に当たるはず。この部分の解決策として「KUSANAGI」及び公式サポートサービスは高額ではないので、ぜひ使ってみてください。表示スピードの向上の対価として料金を払う考え方です。今後、ビジュアルにこだわるWebサイトが増えていくと思います。それは動画だったり、背景のちょっとした動きだったりと見せ方に拘るメディアが増えるはずです。そのような方は積極的に「KUSANAGI」を活用した方がいいと思います。動作が重いプラグインも問題なく動くようになり、表示が早くなるからです。
GetNavi webの編集部員の間では、Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりましたよ。

読売新聞の医療・健康・介護情報サイト 「yomiDr.(ヨミドクター)」

読売新聞東京本社 医療ネットワーク事務局長
丸山謙一様のコメント

読売新聞東京本社 医療ネットワーク事務局長 丸山 謙一様

読売新聞東京本社
医療ネットワーク事務局長
丸山 謙一様

「yomiDr.(ヨミドクター)」はサービスを開始してから5年が経過して、当時開発したシステムも古くなり、アクセス数も月間230万PVまで落ち込んでいました。スマートフォン対応や災害対策なども必要となったことから、サイトのリニューアルを考えました。
次のCMSはコンテンツの更新頻度が高いことから更新し易さを重視しました。最終的に3社から提案を受け、技術力、エンタープライズWordPressの実績、保守体制、価格などを総合的に判断し、プライム・ストラテジーに委託することにしました。
KUSANAGI for Microsoft Azureを採用したことで、サイトのパフォーマンスは大幅に改善し、月間3000万PVに耐えうる設計になりました。また、運用にかかる時間も従来の1/6になり、コストも50%削減できました。さらに今回は関東が有事の際に、関西で1時間以内に復旧できるような災害対策も施すことができました。

テストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました
「WooRis(ウーリス)」

システムが混乱を極めた時に出会ったのが
プライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。
制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

各ジャンルの専門家が、最新の知識、お役立ち情報をわかりやすく発信

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

「WooRis(ウーリス)」は2012年6月に「美レンジャー」と「Menjoy!」の姉妹サイトとしてスタートしました。日々の生活で感じていた悩みやこれから起こるリスクに対して回避する方法や解決法を紹介するウェブメディアです。各ジャンルの専門家ライターが、最新の知識、お役立ち情報をわかりやすく発信しています。 「WooRis(ウーリス)」のサイトは、立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました。

口頭で話すととてもスピーディーに解決方法の提案をもらえました

今回は河本さんをはじめとする10名の方に担当頂きましたが、口頭で話すとすぐに解決方法の提案を頂き、解決までの目処が立つイメージです。恐らくですが、プライム・ストラテジーは相当経験があり、原因と大よその解決方法が直ぐにわかるのだと思います。河本さんの対応もスピーディーで誠実でよかったです。

高速化だけではなく、システムの整理もできました

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI」サポートサービスを採用したのは高速化だけを期待したのではないです。理由の一つに肥大化したプラグインの問題がありました。 以前担当していた制作会社からの引継ぎ資料もなく、どのプラグインがどこに関係しているかわからず、120個あったプラグインを消してよいかわからない状態もあり、機能追加のたびにプラグインが増えていきました。今回、プライム・ストラテジーに委託した際に、プラグインを整理し、70個ほどまでに減らすことができました。「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、速くなることで使いやすくなった印象があります。

75個あったプラグインを50個にまで減らすことができました「BizLady(ビズレディ)」

制作会社の変更など様々な要因が重なり システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。 制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

美しく働く女性のための新しいウェブマガジンです

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

「BizLady(ビズレディ)」は仕事も生活もよくばりたい、美しく働く女性のための新しいウェブマガジンです。知って得するビジネス情報はもちろん、美容、ヘルスケア、ライフスタイルなど、幅広いテーマについて、わかりやすく、タイムリーに発信しています。オン・オフとも忙しい女性が、スキマ時間にさくっと読めて、シェアしたくなる記事を掲載しています。 「BizLady(ビズレディ)」のサイトを立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました。

口頭で話すとすぐに解決方法の提案をもらえました

今回は河本さんをはじめとする10名の方に担当頂きましたが、口頭で話すとすぐに解決方法の提案を頂き、解決までの目処が立つ印象があります。恐らくですが、プライム・ストラテジーは相当経験があり、原因とその解決方法が直ぐにわかるのだと思います。河本さんの対応もスピーディーで誠実でよかったです。

75個あったプラグインを50個にまで減らすことができました

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI公式サポートサービス」を採用したのは、高速化だけを期待したのではないです。理由の一つに肥大化したプラグインの問題がありました。 以前担当していた制作会社からの引継ぎ資料もなく、どのプラグインがどこに関係しているかわからず、プラグインを消してよいかわからない状態もあり、機能追加のたびにプラグインが増えていきました。今回、プライム・ストラテジーに委託した際に、プラグインを整理し50個ほどまでに減らすことができました。「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、速くなることで使いやすくなった印象があります。

運用コストは50%に削減できました
「Menjoy!(メンジョイ)」

外部配信先の設定、WordPressのパフォーマンス改善など、
システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。
制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

「KUSANAGI for AWS」のテストサイトで速さを実感

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

「Menjoy!(メンジョイ)」は毎日を輝きたい女性のために贈る、恋愛・キレイマガジン。恋愛、ビューティー、トレンドなど、20代〜30代女性の毎日を彩る幅広いトピックを発信しています。また、口コミでの拡散や注目のされやすい文脈で専属ライターが記事を作成し、話題性を喚起します。 サイトを立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」のテストサイトを見て「こんなに速くなるんだ」と感じました。

運用コストは50%に削減できました

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI」サポートサービスを採用したのは高速化だけを期待したのではないです。「KUSANAGI」を導入してパフォーマンスは改善し、今まで管理画面でプレビュー画面を開くのに数秒かかっていたものがサクサク動くようになりました。そして運用コストも50%削減できました。 また、何か問題があった時もプライム・ストラテジーに電話すればすぐに回答いただけます。様々な問題が起きてもすぐに目処が立つようになりました。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーは他社にも推薦できます。

120個あったプラグインを70個にまで減らすことができました

「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、表示が速くなることで使いやすくなった印象があります。またプラグインが120個から70個に整理されたこともよかったです。 WordPressはもともとチューニングしないと高負荷がかかった時に止まりやすいです。「KUSANAGI」を導入すると、まずそういうリスクがなくなります。WordPressをメディアで活用する場合、WordPressに精通したプライム・ストラテジーに委託し、「KUSANAGI」を採用すると、Webサイトに対する信頼が上がり、運営にも安心できます。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーの保守は他にも推薦できます。

シンプルで使いやすい3か国語に対応したサイトを構築できた
「日本語能力試験 オンライン登録システム」

インドネシアに拠点があることは心強く、また丁寧で分かりやすい説明でした

独立行政法人国際交流基金
後藤 愛 様

当時、日本語能力試験受験者のオンライン登録を世界的に進める方針が打ち出され、インドネシアでも導入を進めることになりました。委託会社の選定にあたっては、企画競争を実施し、その結果、プライム・ストラテジーが選ばれました。
プライム・ストラテジーは、インドネシアに拠点を持っており、提案内容は、WordPressという汎用性あるソフトを使用したもので、今後の修正や拡張が容易な利点があり、またインドネシアの環境を理解した優れたものでした。日本語・インドネシア語の両言語での説明も丁寧でわかりやすく、将来に起こりうるリスクや可能性についてもしっかりとした解説があり、安心して依頼できるパートナーであると判断され採用となりました。

総合的に国際文化交流事業を実施する、日本で唯一の専門機関

(写真右)プライム・ストラテジーインドネシア
Daeng Marowa

独立行政法人国際交流基金(The Japan Foundation)は、世界の全地域において、総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。世界と日本の人々の間で、お互いの理解を深めるため、さまざまな企画や情報提供を通じて人と人とをつなぐ場をつくり、人々の間に共感や信頼、好意を育んでいきます。
独立行政法人国際交流基金 http://www.jpf.go.jp/j/
日本語能力試験(JLPT)は、日本国内および海外において、日本語を母国語としない人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。
日本語能力試験 http://www.jlpt.jp/

インドネシア現地のスタッフも日本の文化やビジネスをよく
理解している仕事ぶりです

コミュニケーションが密で回答が速く、技術と経験に基づいた説明もわかりやすかったです。例えば、オンラインで受験者が自分で登録を行い、事務局がアドミン機能で確認・承認する形なども、業務を理解した経験から出てくる説明でした。今回、プライム・ストラテジー・インドネシア法人の社長であるダエン・マロワ氏にもご対応頂きましたが、インドネシアの環境のみならず、日本の文化やビジネス、技術にも精通された仕事ぶりでした。

インドネシアはインターネットの環境が弱いのでパフォーマンスが大事

インドネシアでは日本語能力試験の人気が高いので、公開当初登録が殺到して遅くならないか心配でしたが、問題なく動作しました。またインターネットの環境が弱いのでパフォーマンスが重要です。「KUSANAGI」は十分な通信速度が得られ、その点でも評価しています。
今回は3か国語に対応した多言語サイトですので、構造はできる限りシンプルにしたいと考えました。またユーザーはインドネシア人ですので利用者の感覚や発想はインドネシア人のものになります。そのためインドネシア人が直感的に使えるようなデザインにする必要がありました。さらにインドネシア語独特のIT系の言い回しなども気を付けなければなりません。こうしたインドネシア環境全般について、日本とインドネシアの両方の文化を理解している、プライム・ストラテジー・インドネシア法人の社長であるダエン・マロワ氏の意見が役に立ちました。

スムーズな導入ができて感謝

プライム・ストラテジーは過去の経験からITの発注側の知識やニーズに合わせて、提案し、保守を引き受けてくれました。多言語対応なども含めて、大きな問題がなくスムーズな導入ができ、感謝しております。

月間10万PVのサイトが「KUSANAGI」導入1か月でPV数25%増、
今期目標も達成
「株式会社不動産流通システム【REDS】」

発注してすぐの2週間でパフォーマンスを改善

株式会社不動産流通システム 代表取締役
深谷 十三 様

不動産流通システム「REDS」公式Webサイトのアクセス数は月間10万PVにまで成長しており、当社のビジネスにおいて、「REDS」からのお問い合わせ数の伸び悩みは業績拡大の根幹にかかわることです。しかしながら、アクセスが増えれば増えるほど、ページ表示速度が悪化し、最近ではお客様の途中の離脱を招く懸念がありました。
そのような時に、さくらインターネットに相談したところ、ご紹介いただいたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。発注してすぐの2週間でパフォーマンスを改善、キャンペーンやコンテンツの改善も合わせて行い、導入1か月後には、PV数が25%増加、今期掲げていたお問い合せ数2倍の目標値を達成しました。今後の業績拡大を実現する基盤として、「KUSANAGI」のパフォーマンスの高さを評価するとともに、さくらインターネットとプライム・ストラテジーの迅速な連携プレーに感謝しています。

まずは、ご相談ください。弊社担当者がご回答さしあげます。03-6551-2996受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

専用フォームで問い合わせるお気軽にどうぞ。